賃貸住宅フェア2018東京

 今年も賃貸住宅フェアが6月12日と13日二日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催されました。二日目の水曜日に見学に行きましたが、不動産業者は定休日ということもあり、たくさんの不動産業者が訪れていました。全国賃貸住宅新聞社主催のこのセミナー&展示会は規模も大きく、企画されるセミナーなども参考になるので、毎年来ています。
  最近の不動産投資については、少子化人口減少や東京オリンピック後の景気の低迷予測などから、水を刺されている状況です。また、昨年来「かぼちゃの馬車」問題で安直な投資による被害が警戒心を大きくしています。今回、「不動産テックの旗手が語る不動産投資の未来」というセミナーは不動産テクノロジーの進化が今後のビジネスチャンスとなりえるヒントとなりました。ただし、ITやAIの進歩にどれだけかかわり、理解ができるかどうか問われることとなります。
 投資は投機(ギャンブル)と違い、リスクと利益を総合的に検討し、資金を投入する経営的行為です。美味しい話だけを聞いて、リスクに聞く耳を持たばければ後で痛い目にあうかも知れないです。AIはその辺りのリスク管理に力を貸してくれそうです。将来的には、不動産ITを上手に活用していく人が勝利していくのでしょうか。
 
 thK83X33WJ.jpg

この記事へのコメント