さいたま赤十字病院はニューホスピタルです

 さいたま赤十字病院といえば、新都心に新しくできた最新の病院です。2017年1月開院と、ほんとに新しい。何年も前から病院ができる話はありましたが他人事のように聞いていた病院でした。3月には確定申告のため同じ新都心にある浦和税務署に来て、外から眺めてすごい病院やなと思っていましたが、まさか家族が入院するとは思いませんでした。
 先月、家族が膝の手術のため3週間の入院をしました。両足の膝の関節が痛んでおり、人口関節に変える手術でした。命に関わる病気でもないので、家族としては割りに気楽に関わることとなりました。本人は痛いので、大変だったようですが。
 3週間の間、何回も面会に通いましたが、まさにホテルのような病院でした。駐車場から、エレベーター、受付、入退室のカード、食事や介護サービス、リハビリ、看護士のサポート、医師の巡回、などなどあらゆる面で最新のしくみを取り入れており、ITによる情報の管理が隅々までにいきわたっていると実感しました。
 もともと緊急時の医療拠点となることを企画されており、隣接地に埼玉県立小児医療センターも併設されております。今後は埼玉の医療の中心として機能し、大いに働いて欲しいと感じました。

Japanese_Red_Cross_Saitama_Hospital_20170318.JPG

この記事へのコメント